手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第8話無料ネタバレ

手塩3 超ネタバレ

陽葵が飢えた雌のように
お父さんに早くいれてとねだる

若いゆえの性欲か
それとも父親に開拓されたが故なのか

体の芯に火が付いた
陽葵に吸い取られてしまいそう


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて ネタばれギリギリあらすじ

「次はお父さん…早く早く…」
陽葵はもう我慢できなくて父親にせっつきます

中村はコンドームをつけるのに手間取っていました
「いいよもうっ」
「そのままやっちゃお!やっぱり中に出してほしいもん」

陽葵ちゃんすっかりスイッチが入ってしまっています
中村はそのまま挿入します
ぬるぬるに濡れている陽葵のあそこは
すんなりと入っていきます


「あ…横の姿勢すごい気持ちいいい」
「なんかおなかの中がもにょもにょする…」

乳首を自分で弄びだした陽葵
「どのタイミングでイキたい?」
「もうちょっと待ってもっとこの感じ…やりたい…」
中村の方が先に限界に達して陽葵の中に…

陽葵は父親が付かれていないかちょっと気になります
「お父さんだいぶ疲れた?」
「お前は元気なのか」
「全然元気だけどもっとやりたいくらい」


「ジジイなんだから休ませてくれ」
「お父さんのソコ全然ジジイって感じじゃないけど…」

お父さんもさすが絶倫です

夕食の時間です
親子三人で今日はコンビニ弁当
最近母親は夜になるとよく友達に会いに出かけます

食事中にもラインが入ってやり取りしたりと
家族でちょっと会話がかみ合わない感じです

そんな時母親が父に話しかけます
「ねえ今日は一緒に寝ない?久しぶりに…」


男と女をしる陽葵は母親の言葉を聞いてほほを赤らめます
中村は黙って弁当をほおばります

そして中村は妻の部屋へ入る
裸でベッドに向かう
妻は四つん這いで中村に尻を向けた

「どうしたの?早くしましょうよ」
中村は妻の尻を見るのはひさしぶりだ

最近は陽葵のお尻を触りまくっている
妻の尻の触りごこちに違和感を感じてしまう
肌の張りがやはり違う


コンドームを付けローションを塗って
そのまますぐに様のあそこに挿入した
無言で音だけが響く

中村は陽葵とそのいれ心地を比べていた
妻も何か男の快感のタイミングを探っているかのようであった…


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて 感想

お父さんの性力は絶倫ですね
今日は一体何発抜いたのでしょうか

若い陽葵はすっかり盛りが付いたみたいに
お父さんを求めてきます

それにこたえるお父さん
射精してもすぐに復活してますね

陽葵ちゃんはもうあのちんちんの虜ですね


その夜久しぶりの妻からの誘いを
しっかりとこなしちゃうお父さん

若い陽葵にあれだけ吸い取られたのに
陽葵と比べながらも妻が満足するように
お勤めするところはあっぱれですね

ここにきて妻の最近の行動が
家族の中で浮気始めています

セックスしながら何かを感じているお父さんですね


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

超ネタバレ
《迫力の「話」読み》手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので無料ネタバレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました