手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第5話無料ネタバレ

手塩 超ネタバレ

レイプのわだかまりを解く
2人合意のセックス

血が繋がらない二人の
男と女の愛のセックスがはじまった

騎乗位を試す陽葵
陽葵の好奇心が止まらない


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて ネタばれギリギリあらすじ

陽葵は父親とセックスすることにした
なぜならレイプされたままだといやだから

もちろんお父さんにいてほしいという感情があるのだけれど
お互い合意のセックスが必要だった

陽葵はバックでお父さんにお尻を向けて話しかけた
「今はもう入れて大丈夫だから…」
「というより入れてほしいの」

陽葵はセックスに対する好奇心も大いにあった
セックスの気持ちよさを早く知りたいそんな思いも後押ししていた


「入れるぞ」
「うん」
お互いを気遣いながら中村は腰を振り始める

「ねえお父さんキスしてよ」
「ほっぺに?昔もやった…」
「違う口で…」

「好きお父さんのこと…」
「どこにも行ってほしくない」


中村は感極まり激しく腰を振った
2人は一緒にイッた

陽葵はセックスの気持ちよさを実感していた

「私もっとやりたいしお父さんに気持ちよくなってほしい」
「早くやろ次は私がやってみたいのがあるの」

そう促されて中村はベッドに横たわった」
「したいのは騎乗位」
「お父さんが疲れても私が勝手にやってもいいわけじゃん」


はじめての騎乗位だが
バトミントン部で鍛えた足腰で
自分の思うように陽葵は動かせた

陽葵は恥かしさと快感がこみあげていった
自分で最高に気持ちいいポイントを見つけた

そこを激しく擦り付けていると
中村もいつの間にか陽葵の中に大量に放出していた

「だんだん気持ちいいのわかってきた」
「これは毎日エッチしないと…」


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて 感想

陽葵ちゃんはすっかりセックスの虜になってしまったようですね

大好きなお父さんとの関係も
こうしてお互いが感じあうことで
より深まっていってます


ひとつひとつ心のわだかまりを解いていきながら
お互いの愛情を確認していっている
とてもあったかいですね

セックスはやはり愛を深めていく
2人を見ているとほんと強く感じます

若さゆえの性への好奇心が父親をリードしています
お父さんうれしいですね


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

超ネタバレ
《迫力の「話」読み》手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので無料ネタバレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました