手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話無料ネタバレ

手塩3 超ネタバレ

今まで大事に育ててきた娘
中村は娘のパンツを脱がし
巨根を穴に沈める

処女のまん〇はきつい
オスになり切り本能のままに

そんな父親に娘陽葵は優しかった


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして ネタばれギリギリあらすじ

父親中村俊樹はもはや肉欲だけで行動していた
本能の赴くままに

若いメスを目の前に
ひたすら腰を振るのであった

毎日会っている娘の陽葵に
今までこんな感情は起きたことがなかった
しかし今全く違う感情が中村の心を覆っていた

すっかり大人になった身体を前に
オスとしての本能が反応しまくる
理性などとうに忘れていた


「お前はセックスするために今まで俺が育ててきたんだ」
「家畜も同然…」

処女できつかった陽葵のあそこも
だいぶ慣れてきたのかスムースになってきた

陽葵は「やめてお父さん…」というのが精いっぱい

床にうつぶせのまま
バックから突き刺されている
激しく中村はつきまくる

抑圧されてきた人生だったのだろうか
虐げられてきたのだろうか
娘を服従させることが中村の快感につながるのか

部活で鍛え上げられた太ももをつかんで
激しく腰を揺さぶる


もう何度陽葵の中に射精したのだろうか
ついに最後の射精を中に出し切った

中村は急速に冷静さを取り戻していく
覚悟は決めていた
警察へ行く準備を始める

妻と陽葵に置手紙を置いて家を出ていった

直ぐに陽葵が追いかけた
「待って」

「さっきは動揺していたけど
私別にお父さんのこと怒っていないから」
「今まで見たいに一緒に暮らそうよ」
「お母さんにも言わないから」


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして 感想

鬼畜と化した父親中村
陽葵に心の叫びをぶつけながら

これでもかこれでもかと言わんばかりに
腰を振り続けた

普通よりも明らかにでかい巨根を
処女の陽葵にぶち込んで
何度も何度も出し続けた

正に本能の命令に従って
出し切ると自然と終息していく
覚悟は決めていた


中村なりの終わり方を実行したのかもしれない

もう二度と陽葵とは会わない…

でも陽葵を今まで愛し全力で育ててきた
それは何も変わらない
その証が陽葵の心の中にあった

中村はこれからどう接していくのか
陽葵は父親とどうやって関係を修復していくのか

母親はどんな立場になるのか

興味が尽きない展開ですね


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

超ネタバレ
《迫力の「話」読み》手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので無料ネタバレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました