手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話無料ネタバレ

手塩2 超ネタバレ

陽葵がお父さんを許す
お父さんにいてほしい

だからお父さんの気持ちいいことをしてあげる

エッチ動画で研究した
フェラ
パイズリ

健気な陽葵に
あそこが張り裂けそうになります


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから ネタばれギリギリあらすじ

父親の中村は結局警察へ行くことなく家に戻った
クズな行いをしてしまったという思いは強く
陽葵が許していないようなら出頭しようと思っていた

翌日いつものように中村は出社し
陽葵は学校へと登校していった

中村はこれから陽葵とどう接すればいいのかと考えていた
夕食を作ろうと家に帰った

すると陽葵が中村のもとに来た
「お父さん お父さんの気持ちいいことしてあげる」
そういうとわたしのちん〇を手でいじりだした


「なんだ陽葵」
中村は動揺した
一体どういうことなんだ!?

「私ずっとお父さんと一緒にいたいから…」
「昨日お父さん戻ってくれたけどやっぱり警察に行ったりしたら…」
「私やなの…」
「お父さん私が本当に許しているか怖いんでしょ?」
「お父さん正義感強いし何かあったらすぐ警察行きそうだから…」

中村は心が熱くなった

「授業中スマホでいっぱいえっちな動画見てたんだけど」
「キスしたり口も咥えたりしてたけど…」
「気持ちいい?」

そういうと陽葵は一生懸命にフェラを始めた
中村はあっという間に陽葵の口の中に放出してしまった


「ねえ本当に気持ちよかったかなお父さん」
「ああすごく気持ちよかったよ」
「お父さんがおうちにいてくれるなら私ずっとやってあげるからね」

妻が旅行から帰って来てからも
陽葵は母親の目を盗んで中村にフェラをするようになった
中村自身こんなことをしてはと思いながら
日に日に上達するフェラを楽しみにするようになった

ある日陽葵は大きなおっぱいでパイズリをしてきた
「もっとお父さんが気持ちよくなるように頑張るから」

中村は思わず言ってしまった
「やってくれ陽葵の頑張りを見せてほしい」
「やった!」


中村は陽葵の巨乳に挟まれて
すぐに大きくなっていた

陽葵はエッチビデオでパイズリを研究していた
その通りやってみる

これがとてつもなく気持ちいい
中村はあっという間に感極まって
精子が飛び散った

「本当に出た…」
「やった本当に出せた!」
陽葵は実際に気持ちよくさせてあげられたことに
喜び自信を持った

「お父さんが家にいてくれるなら毎日やってあげるから」
「もっと上手になって気持ちよくしてあげる」


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから 感想

陽葵ちゃんなんていい子なんでしょう
愛にあふれています

最初はどうなってしまうのかと思いましたが
陽葵のお父さんへの愛に救われました

お父さんがどれだけ愛して陽葵を育てていたのかがわかりました

それにしても健気ですね
お父さんを気持ちよくするために
エッチビデオを見て研究しているなんて…


そんなことしてくれる女性がいるなんて…
うれしくて涙が出そうです

フェラにパイズリと
技を一つずつ磨いていく
なかなかいい感じですね

これからが楽しみですが
お父さん毎日されて大丈夫なんですかね
そっちの方がちょっと心配です( ´艸`)


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

超ネタバレ
《迫力の「話」読み》手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので無料ネタバレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました